「書道」講師佐藤高翔先生の書家展を鑑賞

ドリプロスクールの「書道」の講師としてお世話になっています佐藤高翔先生の作品が出展されている書家展が続けてありました。

まず、2月に開催された「神奈川県代表書家展」。
128名の作品が出展されていました。

16日のギャラリートークでは、高翔先生がこれまでの歩みと作品の解説をされました。

高翔先生は、理系の大学を出られてエンジニアをされていたのですが、ずっと書への熱い想いを持ち続けられていて、遂にはエンジニアを辞めて書道の道へ入られたという異色の経歴をお持ちです。

先生が書かれた漢詩の一節「唯餘芳草…」についての説明で心に残ったのは、「歌謡曲でもオペラでも歌には、盛り上がりに向かって流れがあると思いますが、書にも流れがあり、出だしは静かに入り、そして一番の盛り上がりに向かって流れをつくります。」ということ。この書では『有残』に一番の勢いをつけて書かれたとのことです。

よく、文章を書くときに大事なのは「起承転結」と言われますが、書でも、出だしがあり受けて、盛り上がりがありそして結ぶ、という流れを感じて鑑賞するのも大事なんですね。

 

「吉福」と書かれた東山右徹先生は、トークの中で「書は二度と同じものは出来ない。偶発を楽しむこと。自分の考えていたものとは違うものが出来るというのも面白い」とおっしゃっていました。今の時代、メールやラインで済ませて手紙を書かなくなっていますが、手紙で出すから思いが伝わる、ということもあります。墨と毛筆に思いを込めて書いた字には独特の味わいがありますし、どんなにAIが進んでも、書の伝統は残していきたいですね。

 

もうひとつは、3月に銀座かねまつホールで開催された、高翔先生が師事する弓納持太無(ゆみなもちたいむ)氏のもとに会する書家の方たちの「独創」会選抜書展。

高翔先生は2作品が展示されていました。

右作品は、「独鶴(どくかく)窓に当たって松影(しょうえい)痩せ 老龍(ろうりゅう)洞に帰って 夕陰(ゆういん)涼し」(窓から見える松に鶴が止まり、すっきりした風情である。雲を呼ぶ龍が洞穴に帰り、夕風が涼しい)

書から、水墨画が浮かび上がってくるような風情を感じました。

 

たくさんの個性的な作品がありましたが、弓納持先生の「挑戦」は迫力がありました。

また、山岡鉄舟の直筆の書の展示もあり、剣の達人と言われる鉄舟の豪快な字が印象的でした。

 

なんだか背筋がシャンと伸びる心地よさがある空間で、気持ちが落ち着くいい時間を過ごさせていただきました。

 

 

 


ドリプロフェスタ2019発表会を開催

2月3日、藤沢市鵠沼海岸にある「亀吉本店」で「ドリプロフェスタ2019発表会」を開催しました。

ドリプロスクールは2013年6月に開校し、今年で6年目になります。

発表会はパフォーマンス系レッスンの発表の場で、今回で2回目。前回は2015年「ラポール横浜」の多目的ホールで開催しました。

今年は「歌」「英会話」「演劇」「ダンス」の発表と、「タブレット」レッスンでIPadを使って作成したパラパラマンガ作品を展示しました。

日頃のレッスンで積み重ねてきた「楽しくがんばる」を、みんな見事に表現できていました。

 

「歌」の発表

「英会話」の発表

「演劇」の発表

「ダンス」の発表

「タブレット」の発表

開講当初は子供用のタブレットを使っていましたが、だんだん慣れてきて、昨年末に講師の八木先生、江角先生が古いiPadを複数集めてくださり、「パラパラマンガ」風の動画作りにチャレンジしました。

発表では、先生方がレッスンの様子を紹介。10コマ程度のイラストを描き、アプリを使ってそれをつなげ、「パラパラマンガ」風の動画をつくりました。8人の作品が出展されましたが、その中から一つ、「花火」という作品の一コマをご紹介します。

「個人発表」は14人の予定でしたが、ひとり当日体調不良でお休み、残念。    以下は13人の元気な発表です。照れることも、あわてることもなく、(リハーサルと大違い!)お客様にむけて立派なパフォーマンスでした!

「ダンス」の発表では、客席からの飛び入りの参加者もいっしょに「恋するフォーチュンクッキー」を踊りました。そしてフィナーレの「風になりたい」では、観客席のみなさんにもペットボトルマラカスを振って参加してもらい、会場全体が一つになっての大盛り上がりとなりました。

お疲れさまでした

 


ドリプロフェスタ2019発表会

2月3日(日)ドリプロフェスタ2019発表会を行います。

ドリプロスクール10講座のうち、「歌」「ダンス」「演劇」「英会話」「タブレット」のレッスンの発表会を開催します。

入場無料です。

日々、楽しみながらがんばる会員たちの発表を応援しにいらしてください。

 


東京都 「ヒューマンライツフェスタ東京2018」に出演

12月8日、有楽町にある「東京国際フォーラム」で開催された「ヒューマンライツフェスタ東京2018」にNPO法人ドリームエナジープロジェクトとして、出演させていただきました。

ドリプロは6団体のトップバッター。

オープニングはいつもの「ソーラン演舞」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェスタのテーマは「人権」ということで、「障がい」だけでなく、アイヌ民族やLGBTのヴォーカリストなどいろいろな立場の方たちのパフォーマンスが繰り広げられました。

「知的障がい」について、少し説明したあと、ダウン症のある内海隼吾と自閉症のある神谷たえさんの独唱。そしてふたりで「千の風になって」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たえさんの圧倒的な歌唱力は、会場のみなさんを魅了しました。

そして次の準備が整うまで、ドリプロメンバーでの「お笑い」も披露。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドリプロスクールの「コミュニケーション」のレッスンで練習している超ショートコント。 コント

のひとつ、「父さん」
先生がまず振ります。「父さん、そこを通ってもいい?」
みんなで合わせて「とーさん!」

最後は、「風になりたい」を会場のみなさんもいっしょに。
約150お母さん方につくってもらったたペットボトルマラカスを会場のみなさんに配り、いっしょに楽しんでいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ピアノ伴奏は、ドリプロスクールで歌を教えてくださっている増渕恵先生。

ドラムはゲストの鈴木俊太朗さん。

ドリプロメンバーは、「ゴミ箱ドラムチーム」と「鍋パーカッションチーム」にわかれて、サンバのリズムを響かせました。

知的に障がいがあっても、明るく、笑顔で、いきいき生きている、そんな姿を来た人たちに見てもらえたのでは、と思います。