書道レッスンの様子と、書展

11月23日の書道の時間は、いつもの習字ではなく、大きな紙に特大筆で書きました。

IMG_0227

写真奥にある作品が、先生が見本に書いてくださった「ゆめ」です。

「身体全体を使って、気持ちを込めて」書かれる先生の気迫を間近に感じて、かのこちゃんとことやくんがチャレンジ。めったに書くことのないサイズの大きな「ゆめ」になりました。

IMG_0223

字が小さくなっても、鉛筆で書くときにも、「身体全体を使って、気持ちを込めて」書くことは同じだと、先生はおっしゃいます。

筆を持って、背筋を伸ばして、「さあ書くぞ!」と書き始める緊張感って、いいですよね。

 

さて、佐藤高翔先生は、実は今年も含め日展に6回も入選されているというスゴイ方です。  現在、ご自分の書道教室で150人ほどの生徒さんを教えていらっしゃいますが、大人の方たちの書展が先日横浜で行われたので、伺ってきました。

これまで書道を習う場合、大きく分けて「かな」か「漢字」のどちらかでしたが、「かな」は変体仮名で判読が難しいですし、「漢字」はほとんど「漢文」なので、書道を習うことにちょっと敷居の高さを感じてしまいがちでした。

今の書道界全体では、もっと書道を身近なものに感じてほしいと、様々な試みをしています。佐藤先生は、「自分の思いを文章にして筆で書く」という手法を推奨しています。

教室の生徒さんの作品をいくつかご紹介します。

 

IMG_0199IMG_0200

丸山妙遠さんの作品はタイトルが「二十歳」。「成人を迎え、両親や傍にいた総ての人に感謝し素敵な大人に成りたい」

IMG_0195IMG_0196

 

 

 

 

 

 

千田真純さんの作品「感性」は「萬物に宿る命の燈火を掬(すく)い取り表現する感性を培い磨き高めたい」

他にも、高木香逕さん「向日葵(ひまわり)」「上を向いて陽の光を浴び力強く咲く逞しい向日葵が私の憧れです」など、小さい時から先生の教室で学んできた方たちの作品は、その筆の運びから伝わる思いがあり、書道に真摯に取り組んできた真面目な人となりが感じられて、とてもさわやかでした。

それらを見て、ドリプロ でも、子どもたちが好きな言葉をのびのびと書けるようになれたらいいなあと、夢が広がりました。

 

 

 

 


「歌」「写真」レッスン風景

これまで、紹介していなかった「歌」と「写真」のレッスン風景をご紹介します。

IMG_0362 IMG_0369
ミカ♪先生は、歌う前に、まず身体をリラックスさせる体操から入りました。 コンニャク体操、そして腹式呼吸の練習・・・。ちょっとむずかしいけれど、大きな声を出すには、大事な練習ですね。

 

 

 

「大きな風船を抱えるように・・・」背中に力を入れ、肩甲骨を伸ばします。

 

 

 

IMG_0374

みんな、よく知っている「翼をください」を歌いました。リラッスクス体操をしたから、大きな声が出るかな。

びっくりするくらい、大きな声で楽しく歌えました!

 

 

IMG_0381

 

さて、次は「写真」のレッスン。キヤノンマーケティングジャパン株式会社様より寄贈していただいた11台のカメラを使ってレッスンします。

IMGP2836

まず、講師の林晃平先生から、カメラの簡単な説明、使い方を教えてもらいました。

みんな、真剣です。
IMGP2857 

 

 

そして、実際に写真を撮る練習です。アリーナに移動して、撮影会の開始!

みんなで交代にモデルになります。
IMGP2846   IMGP2854


撮影会が終わると、みんなの撮った写真をフォトフレームに写して、鑑賞会です。

IMG_0037

 

 

 

 

たくまくんが撮った写真、構図が面白いですね!

IMG_0014

 

 

 

 

 

だいきくんが撮った写真。表情を捉えてますね。

 

 

 

IMG_0008

 

こんな写真、撮ったのだれだァ~

 

 

 

 

 

とっても楽しい「写真」のレッスンでした!


8月11日 レッスン風景

この日のレッスンは、「書道」「コミュニケーション」「ダンス」でした。

IMG_0171

1時間目「書道」の佐藤先生は、ご自分の書道教室で教えていらっしゃるので、経験に裏打ちされたご指導が、ドリプロ スクールの子どもたちの目を輝かせてくれます。

まず「自分で3回書いた作品のなかで、一番いいと思うものを先生に見せにくる」というルールの説明。いいのはどれか選ぶのも自分の眼を鍛えることになるとのこと。なるほど。

毛筆の作品を、乾かないまま重ねてしまうと墨で汚してしまいます。先生は、古新聞をホチキスで止め、ノートのようにしたものをつくってきてくださいました。一枚めくるごとに作品を挟んでいく、というアイデア、すごいです!

IMG_0190IMG_0185IMG_0186

 

毛筆と硬筆を両方見てくださり、50分のなかでも、目に見えて字がきれいにかけるようになっていました。 子どもたちの「見てよ!」の笑顔がいいですね!

 

 

2時間目「コミュニケーション」の時間は、社会に出たときに、人とのコミュニケーションをとるために役にたつであろう様々なことを、楽しみながら身につけていきます。

IMG_0207

これから、いろんな場面で誰でも直面する「自己紹介」。

まず「自己紹介用基本パターン」のプリントを配りました。自分にあてはめ、お母さんとも相談しながら書き込みます。今後はそれをもとに、また応用していきながら自己紹介をやっていきます。

この日は、「ことばあそび」で、楽しくことばの感覚をみがきました。

「あたまに か のつく ゆっくりうごくもの」

なんだか、わかる人!

ほかに「あたまに ぽ のつく あかいもの」などなど・・・

IMG_0210

日頃、こういった「ことばあそび」やクイズやなぞなぞって、なかなかやってみる機会がないですよね。すぐにはできるようにならないかもしれませんが、でも「どうせムリ」と思わないで、楽しい雰囲気をつくってやれば、「なんだろう?と考えること」そして「わかったときの嬉しさ」を体験することは、とても重要だと思います。

自己紹介のときなどに使える、ちょっとした手品の練習も。

眼と手の協応、指先の神経を使う練習にもなりますね。

 

 

 

3時間目「ダンス」は、広いアリーナを使いたかったのですが、あまりの暑さに断念。

IMG_0232
今日のAyako 先生のメニューは、 前半は基礎のストレッチ、リズムトレーニング、キャッチボール、まねっこ。後半は表現力。ワンライン(一本の線を歩く)と即興で創作。 最後に感想(フィードバック)   50分間という時間の中で、いろいろなことをやりました。

Ayako 先生から、レッスン後、メールをいただきました。そのまま転記します。

 

「ワークショップの内容は、事前に考えているのですが、参加者の様子を見ながら、 やることを増やしたり、減らしたりして、調整していきます。   今日のテーマは「受け取る」。 このテーマは、しばらく続けていく予定です。 「受け取る」ことは、即興表現の基本です。・・・が、とっても難しいことなんです。   私たちの日常でも言えることですが、相手や状況を受け取れるとコミュニケーションがスムーズです。 「私はこう思う(感じる)」 だけを一方的に伝えることも良いのですが、 「あなたはどう思う?(感じる?)、私はこう思う(感じる)」 という交感ができるようになると、自然と人と仲良くなれ、お互いに助け合うことが出来るようになります。 ダンスを踊るときには、この「助け合い」がとても重要なのです。

レッスンを終え、私自身もワークを振り返りました。 フィードバックも重要です。   ここの場所では、表現者・アーティストとして、私も含めみんなが同じ立場で、仲間です。 一人ひとりの力、個性がこの時間をつくっていきます。  」

IMG_0260
いただいたメールには、参加した子どもたちへのメッセージも書いてありました。子どもたちひとりひとりをよく見てくださって、ありがたいです。

子どもたちの動きに合わせて、Ayako 先生が動きます。2人の動きがあIMG_0265いまって、ふたりでひとつのダンスがつくられていきます。Ayako 先生がおっしゃっているように、お互いの気持ちや動きを受け取りながら、助け合いながら、構成していくダンスです。

Ayako 先生の師匠であり、振付師の香瑠鼓さんが提唱する「ネイチャーバイブレーション」の考え方に基づいた即興のダンスは、障がいのある子たちの可能性を伸ばす新しいダンスだと思います。

 


7月27日 レッスン風景

この日のレッスンは、料理と茶道。

根岸製油所の体育館には料理室がないので、料理のレッスンのときは、根岸地区センターの料理室を使用します。

羽田先生は、湘南地区の公民館などで「食を通して心と健康の大切さを伝える」料理教室を行っています。

メインメニューは「なすのポタージュ」。え??なすがポタージュになるの?と思いきや、その美味しかったこと!

チキンラーメンのひよこちゃん柄のバンダナが似合うあいかちゃん。なすの皮むきを丁寧にしてくれました。エプロンとバンダナがお揃いのこうやくんもがんばってるね~。

なすむき こうやくん

 

 

 

 

 

「ズッキーニ炒めるのは俺にまかせろ」「だいき先輩、かっこいい!」

「はるちゃん、ソルダムを味見して」「おいしい!」

だいきくん、あいかちゃん

DSCF3632

この日、つくったのはトマトのいり卵、ズッキーニ炒め、なすのポタージュ、なすの皮のお好み焼き、ソルダムのコンポート、というメニューでした。

DSCF3661

みんな、初めての料理の時間、楽しんでくれたかな?

羽田先生は終わってから「とっても楽しかった~」とおっしゃっていました。            そしてこんなメッセージも。「また、美味しいもの、いっしょにつくろうね」

午後は、和室を借りて、「茶道」の時間。

裏千家教授の駒崎先生に、和室で茶道を教えていただけるなんて、ゼイタク!

この日は、お茶の歴史の話を聞いたり、おじぎには3つあって、「最上級に深い礼」「少し深い礼」「軽い会釈」がある、と練習したりしました。

ふくさのたたみ方も、まず、真似てやってみることから・・・

IMGP2741 (640x480)

先生がつくってきてくださった水菓子、和三盆の甘みが口に広がります。そして抹茶はまろやかな味にするために、2種類の抹茶をブレンドしてくださったとか。

IMGP2752健常の子どもでも、今なかなか正座したり、おじぎしたりする機会がないですよね。

静かなゆったりした時間。

日本の伝統として受け継がれてきた、和の心を学べる貴重な時間でした。

IMGP2753IMGP2750 (640x480)