7月7日 レッスン初日の様子

7月7日、ドリプロ スクール、開校しました。

でも特に、開校式があったわけではありません。

もう少しスクール生が増えたら、顔合わせイベントをやりましょう。

7日は、かなりの暑さ。アリーナは冷房がないので、急きょ冷房の効く多目的ホールで行いました。

1時間目「英会話」の最初のゲームは、「英語で挨拶」。参加した人たちが自由に動いて、会った人と挨拶をかわします。

「I’m Masashi。How are you?(ぼくはまさしです。元気ですか)」

「My name is Atsuko.(私の名前はあつこです)」

他にはどんなことを話したのかな?

DSCF0764 (640x437)レッスンアシスタントの宮ちゃんがまわって、声かけしたり、フォローしたりしてくれます。

宮ちゃんは、障がいのある子のお母さんです。

 

 

 

2時間目は「コミュニケーション」IMGP2647 (640x480) (2)

なぜか受ける「小噺」、「ジェスチャー」そして、CM制作に向けての練習は、まず思い切り笑顔になること。

いい笑顔になってるのは誰かな?

 

 

3時間目「美術」は、「ペットボトル風鈴」をつくりました。

佐々木先生がペットボトルを半分にカットし、ひもを通し、風をうける短冊をつけてくれるところまで準備してくださいました。

子どもたちは、シールやテープを工夫して貼り、短冊に絵や言葉を書き込みました。

貼りたいシールが無くなった子は、向かいの子に「もらってもいい?」と聞く場面も。

「どうぞ」「ありがとう」という会話が生まれるのもいいですね。

出来上がった作品を手に、「ぼくのが(わたしのが)一番かっこいいでしょ!」

DSCF0826 (640x480)IMGP2653 (480x640)

 

 

 

 

 

 

みんなの満足げな笑顔で、無事、レッスン初日を終えました。

 


カメラ11台が寄贈されました

7月3日(水)、東京品川にあるキャノンマーケティングジャパン株式会社に行ってきました。

法務・知的財産本部の大島正通さんとCSR推進本部の西尾元雄さんのご尽力により、ドリプロ スクール・「写真」講座の創設に向けて、カメラを11台寄贈していただけることになりました!

「キャノンプラザS」前にて。左から、西尾さん、大島さん、内海智子、内海邦一。

「キャノンプラザS」前にて。左から、西尾さん、大島さん、内海智子、内海邦一。

 

お二人は、「知的に障がいのある子たちの写真教室、という発想がとても斬新」、「ユニークで感性豊かな写真が生まれるのでは」と、期待してくださっています。

「いい写真がたくさん撮れたら写真集を出したらいいですよ」と夢のようなお話も。

さらには、「いい写真はギャラリーに展示することもできますよ」と社屋2階にある「キャノンプラザS」内にあるオープンギャラリーに案内してくれました。

オープンギャラリー

すごい!こんな素敵なところで、いつか「ドリプロ スクール写真展」が出来たら・・・・。

大島さん、西尾さん、夢が広がる話を本当にありがとうございます!

さあ、8月から「写真」講座が始まります。写真が好きな子、写真を撮ってみたい子 集まれ!

 

※「キャノンプラザS」は、自由に入れるオープンスペースです。品川駅港南口を出て右に曲がり、まっすぐ高層ビル群を進むとキヤノンSタワーがあり、入り口を入ると正面にあります。子どもも遊べる遊具や、ポケモンのカードやシールのプリントが自由に出来たり、紙のクラフトをつくって遊べる「キャノンクリエイティブパーク」などがありますよ~。


6月30日、第2回 体験レッスン終了

第2回目の体験レッスンが6月30日、JX日鉱日石エネルギー株式会社根岸製油所 体育館内の多目的室で行われました。

参加者は当日の欠席もあり13名でしたが、少人数なので普通のレッスンに近い形で体験してもらえたと思います。

ポテトタワー

この日は「英会話」と「コミュニケーション」の2科目をそれぞれ30分くらいずつ行いました。

「英会話」といっても、小さい子から大きい子まで楽しめるメニュー。お母さん方も加わってみんなで輪になり、「Hellow」「How are you」など簡単な英語の挨拶を歌と振りを付けて楽しく歌ったり、こぶしをポテトに見立て、「ポテトのタワーをつくるよ~」と一番高いタワーにする競争をしたり。

英語に楽しく触れる、遊びながら英語を楽しむ、そんな英会話の時間。いつもはおとなしいダウン症のはるこちゃんが積極的に動いていたのにびっくりしました。

「コミュニケーション」の時間は、ふたりで簡単に出来る小噺や、「落ちない竹ひご」の手品、そしてジェスチャーと盛りだくさんでした。

ジェスチャーは、ひとりずつ前に出て、先生から出された「お題」のジェスチャーをして、見ている子どもたちが当てます。うまく表現できなくても、ヒントがあったり、演出をつけたりして、全員正解!

圧巻はたかしくん。見事な横綱土俵入りのジェスチャーで、誰が見てもわかる「おすもう!」で拍手喝采でした。弟子入りできそう!

ジェスチャー