書道レッスンの様子と、書展

11月23日の書道の時間は、いつもの習字ではなく、大きな紙に特大筆で書きました。

IMG_0227

写真奥にある作品が、先生が見本に書いてくださった「ゆめ」です。

「身体全体を使って、気持ちを込めて」書かれる先生の気迫を間近に感じて、かのこちゃんとことやくんがチャレンジ。めったに書くことのないサイズの大きな「ゆめ」になりました。

IMG_0223

字が小さくなっても、鉛筆で書くときにも、「身体全体を使って、気持ちを込めて」書くことは同じだと、先生はおっしゃいます。

筆を持って、背筋を伸ばして、「さあ書くぞ!」と書き始める緊張感って、いいですよね。

 

さて、佐藤高翔先生は、実は今年も含め日展に6回も入選されているというスゴイ方です。  現在、ご自分の書道教室で150人ほどの生徒さんを教えていらっしゃいますが、大人の方たちの書展が先日横浜で行われたので、伺ってきました。

これまで書道を習う場合、大きく分けて「かな」か「漢字」のどちらかでしたが、「かな」は変体仮名で判読が難しいですし、「漢字」はほとんど「漢文」なので、書道を習うことにちょっと敷居の高さを感じてしまいがちでした。

今の書道界全体では、もっと書道を身近なものに感じてほしいと、様々な試みをしています。佐藤先生は、「自分の思いを文章にして筆で書く」という手法を推奨しています。

教室の生徒さんの作品をいくつかご紹介します。

 

IMG_0199IMG_0200

丸山妙遠さんの作品はタイトルが「二十歳」。「成人を迎え、両親や傍にいた総ての人に感謝し素敵な大人に成りたい」

IMG_0195IMG_0196

 

 

 

 

 

 

千田真純さんの作品「感性」は「萬物に宿る命の燈火を掬(すく)い取り表現する感性を培い磨き高めたい」

他にも、高木香逕さん「向日葵(ひまわり)」「上を向いて陽の光を浴び力強く咲く逞しい向日葵が私の憧れです」など、小さい時から先生の教室で学んできた方たちの作品は、その筆の運びから伝わる思いがあり、書道に真摯に取り組んできた真面目な人となりが感じられて、とてもさわやかでした。

それらを見て、ドリプロ でも、子どもたちが好きな言葉をのびのびと書けるようになれたらいいなあと、夢が広がりました。

 

 

 

 


12月レッスン予定

12月レッスン予定です。                                           1日(日)JX、8日(日)JX、15日JX(日)、21日(土)根岸地区センターになります。

1日(日):JX根岸製油所                                          13:00 歌 増渕先生                                            14:00 茶道 駒崎先生                                           15:00 美術 佐々木先生

8日(日):JX根岸製油所                                          13:00 書道 佐藤先生 (書道具のある人はご持参ください)                    14:00 写真 林先生                                            15:00 ダンス 関井先生  Ayako 先生

15日(日):JX根岸製油所                                          13:00 英会話 岡先生                                           14:00 社会スキル 内海先生                                       15:00 ダンス Ayako 先生 関井先生                                        16:00 クリスマス会 (会費:500円)

21日(土):根岸地区センター                                        10:00 料理 羽田先生                                           13:00 コミュニケーション 内海先生 (工作室)

 


ダンス公演のご案内

ダンスの公演をふたつご案内します。レッスンで教えていただいているダンスがどのような表現になるのか、ぜひ一度見ていただきたいと思います。ふたつめのバリアフリーのライブには、障がいのある人たちも出演します。ほんとにステキです!

まず、ひとつ目はダンスのレッスンの講師をお願いしていますAyako 先生と関井先生が出演される公演です。お二人が師事する振り付け家の香瑠鼓さんが、声とカラダを使って、まったく新しい表現芸術に挑む「apiture」シリーズの第4弾です。

即興による想像を超えるライブ感、幻想的な振付によるダンスパフォーマンス、時空を超えたストーリーに加え、エッジの効いた空間美術、舞台をアートに変える松本永の照明、即興で空間を奏でる楯直己の音楽とをコラボして、スリリングな異次元空間へと誘います

〜Story〜
かつて、最果ての村で、
平和を求めてその命を燃やした者たちがいた。
死に絶えた彼らの希望は
ひとつの恋の契りに託され、
幾つもの歴史を飛び越えて現代へと舞い降りる・・・。
Whom do you need to forgive?
誰かを許す必要がありますか?

【出演】
香瑠鼓
Cュタツヤ
Ayako
天羽尚吾
関井博之
想真

芸術監督・脚本演出/香瑠鼓
照明/松本永
ミュージック/楯 直己、Rynco
音楽監督・演出アドバイザー/門司 肇
総合監修/五十嵐梨華
写真提供/青木信之
フライヤーデザイン・空間美術/Cュタツヤ
協力/オフィスルゥ・スタジオルゥ・ApicupiA

【日時】
2013年11月7日(木)〜9日(土)
7日(木) 19:30
8日(金) 14:00
19:30
9日(土) 14:00
19:00 ※この日は19時開演です。ご注意ください。
*開場は各30分前

【会場】
Geki地下liberty
世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1F

【アクセス】
小田急線、井の頭線、下北沢駅南口下車徒歩1分
南口駅前のマクドナルドの左手の道を50mほど下った左側。
1階が靴のABCマートのビルの地下1階です。
エレベーターあり。

【チケット】
全席自由(事前予約制:当日精算)
前売り 4,000円
当 日 4,500円

【予約先】
*以下までメールまたはお電話にてご予約ください。
※席数限定につき、お早目のご予約をお願いいたします。                               anzai@lou.co.jp 安斎宛
03-3413-4139  オフィスルゥ
*ご希望の日時、お名前、枚数、お電話番号をお知らせください。

ふたつ目は、同じ会場で行われるバリアフリーエンターテイメントライブ「あぴラッキーVol.5」です。
障がいのある人ない人、大人と子ども、ビジネスマンにアーティストたち…。あらゆる垣根を超えて魂で響き合う新しいエンターテイメントをお届けします。ひとりひとりが主役。アッとおどろくような、今までの価値観を変えるパフォーマンスにご期待ください!個性的で美しい存在感を放つ出演者たちにぜひ会いに来てくださいね。

【日時】
2013年11月10日(日)                                                昼の回 14:30 開演                                              夜の回 18:00 開演

【チケット】                                                      全席自由  大人3000円  小学生以下2000円
当日     大人3500円  小学生以下2500円 (事前予約制•当日清算)
予約先は上記に同じです。