「横浜ウーマンズビジネスフェスタ2014」に出演しました 

11月9日(日)、パシフィコ横浜アネックスホールで行われた「横浜ウーマンビジネスフェスタ2014」に、ドリプロスクールの子どもたち12人が「ショートコントと簡単マジック」で出演しました!

運動場

また、どうしてこんな場に出演することになったかというと・・・

そもそもの発端は、NPO法人化に向けて夏に参加した「ソーシャルビジネススタートアップ講座」。
そこで知り合ったお友達で、このフェスタの運営に関わっている人から、「内海さんのやっている社会的活動を、もっといろんな人たちに知ってもらうチャンスだから、やってみたら?」とお声をかけていただいたこと。
私としても冒険ではあったのですが、「えい!」とエントリーしてみました。
でも本番に出るためには、2次選考があり、プレゼン発表の審査を通らなくてはなりません。スクールでのレッスン風景などの写真をいれたパワーポイントの資料をつくり、まずは私ひとりで2次選考に出陣!
その2次選考の場で、7、8名ほど審査員の方たちが、非常に興味をもって聞いてくれたときに、手応えを感じました。「目的は?」「先生はどういう人?」「子どもは変わりましたか?」「子どもたちの表情がいいですね」 そうした温かい応援が、本番にむけての原動力になりました!
本番も、私がパワーポイントや映像を使って、ドリームエナジープロジェクトの活動の紹介をするという可能性もあったのですが、知的障がいについて知ってもらうためには、実際に子どもたちのいきいきとした表情を見てもらったり、子どもたちの一生懸命さを感じてもらったほうが、いろいろなことが伝わるはず!と、ステージ上で子どもたちのパフォーマンスをすることにしたのです!

パフォーマンス内容についても悩みました。15分という時間で、お客さんをひきつけるインパクトのあるものとは・・・??
ドリプロスクールには内海邦一先生の「コミュニケーション」というレッスンがあり、、自己紹介など社会生活でのコミュニケーションに役立つ様々な技を習得したり、人前で演じるショートコントや簡単手品の練習をしてきました。
そこで、知的障がいとはあまり結びつかない「お笑い」をやってみようということになり、「ショートコントと簡単マジック」を披露することになったというわけです!!

さて、いよいよ本番!
2次選考を突破して、本番でプレゼンやパフォーマンス発表の機会を得たのは、ドリームエナジープロジェクトを入れて9チーム。
被災地などに出張カフェコンサートを開催するNPOや、子育て中のお母さんたちに、託児付きのレストランサービスをする会社や、夢を実現する企業意識を子どものときに学ぶジュニア企業スクール、など子育て関連のことが多かったでしょうか。

出番は、午後の部のトップバッター。手始めの簡単マジックを成功させ、会場から、「おーー」という歓声をいただきました。そして、ショートコントでは、指導者がお題を言って、ひとこと振ると、それに対して子どもが答える。という形式をメインに。
子どもたちは、思っていたほど緊張することもなく、練習の成果を披露しました。

たとえば、内海先生が、
「お題 運動場」  「運動場使っていい?」  と振ると、全員で
「うん、どーじょー!」

というネタがあったり、

「お題 ばあちゃん」 「ばあちゃんが、プールに飛び込んだ!」   と先生が振ると、 3人で
「ばっちゃーん」

と答えたり。

ばあちゃん

 

 

 

 

 

 

ひとりだけで答えたり、あるいは二人で組んだりと、いくつかのパターンで見せ
ました。

ひろき

 

 

 

 

 

 

 

終わって退場するときに、みなさんから拍手をもらい、見知らぬ女性からも「素晴らしかったです!」と声をかけてもらい、本人たちも大満足。

実行委員長山下文江さんからは「知的障がいのお子さんのことをよく知らなかったけれど、今回出演してもらって本当によかった」と言ってもらえました。

知的ハンディのある子たちのことを知ってもらういい機会だったと思います。

これからも、こうした場があればどんどん出ていって、かれらの明るい面を知ってもらう機会をつくりたいです。

次は、来年3月、世界ダウン症の日のイベントに出演することが決まっています。さらに磨きをかけて、パワーアップしていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


俊游会書展に参加しました

ドリプロスクールで「書道」を担当してくださっている佐藤高翔先生の書道教室が開催する
俊游(しゅんゆう)会書展に、ドリプロスクールの会員7人が参加しました。

11月26日~12月1日、長津田みどりアートパーク・ギャラリー(東急田園都市線・JR横浜線長津田駅)で開催された書展には、高翔先生の生徒さんの書158点がずらりと並びました。

会場1縮小

そのなかに、ドリプロスクールの子どもたちの書が、他の生徒さんの書と肩を並べて展示されていました。

「月あかり」・・・かな
「いもほり」・・・かのこ
「みかづき」・・・ゆうな
「くりの実」・・・ほうせい
「星まつり」・・・よしひこ
「しらぎく」・・・はるこ
「つな引き」・・・じゅんご

かな

かのこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほうせい

ゆうな

 

 

 

 

 

 

 

 

よしひこ

はるこ

 

 

 

 

 

 

 

 

この用紙は、一般のかきぞめ用よりもかなり大きくて、横35センチ縦135センチあり、筆も普段使う筆の3倍くらいある大筆を先生からお借りして書きました。

最初は、なかなか太く書けなかったり、字の大きさがばらばらだったり、バランスが全然取れていなかったり・・・。
それでも、何枚も何枚も練習し、回数を重ねていくうちに、みんなだんだん形になっていき、最後は、ご覧のような立派な書に仕上がりました。

1字が半紙1枚分くらいある大きな字を4つ並べて書くわけですから、意識を途切らすことなく、集中力をもって書かなくてはなりません。
3か月間、2時間続きのレッスンのときもありましたが、毎回1時間書き終わえると、みんな、力を使い果たして、ぼ~としている・・・そんな感じでした!

本当にがんばりましたね、お疲れ様でした!

 

 


1月レッスン予定

2015年1月のレッスン予定です。すべてJX体育館です。

4日(日)
1時 お正月の遊び  内海
2時 美術  佐藤あかね先生
3時 ダンス Ayako先生
11日(日)
1時 英会話 岡先生
2時 書道 佐藤高翔先生
3時 コミュニケーション 内海先生
18日(日)
1時 歌 増渕先生
2時 写真 本藤先生
3時 ダンス 関井先生
25日(日)
1時 社会スキル 内海先生
2時 美術 佐藤あかね先生
3時 ダンス Ayako先生

横浜で「ぷれジョブ」 パネル展を開催

12月9日(火)~11日(木)、横浜のかながわ県民センター1Fの展示場でぷれジョブ のパネル展が行われました。

ぷれジョブ パネル展
ぷれジョブ というのは、障がいのある子が週に1回、1時間、期間は半年、地元の会社やお店に仕事体験に行くというもの。ジョブサポーター(地域に住む人)が同行するので、子どもも会社も安心。障がいのある子も一緒に生きていける地域社会を目指した活動です。
「ぷれジョブ 藤沢」は、元宮城県知事の浅野史郎さんが、慶應大学湘南キャンパス(SFC)で教えていらした2年前に立ち上げ、私もそのときからお手伝いしていて、現在はドリームエナジープロジェクトで支援する活動のひとつになっています。

今回のイベントは、障がい者週間にあわせて神奈川県が主催したもの。パネル展は、「ぷれジョブ 藤沢」「ぷれジョブ 茅ケ崎寒川」「トレッサ横浜」の合同展示で、そのほかに、県内の事業所でつくられたお菓子や小物などの販売などもありました。

「ぷれジョブ 藤沢」はこの2年間で、ラーメン店、老人福祉施設、マクドナルドなど15の事業所が受け入れてくださり、20ケースが実施されています。
パネルには、それぞれの事業所での仕事内容や、仕事をしているところの写真、そしてジョブサポーター、ジョブプレーヤー、お母さん、事業所担当者の感想を集めてパネルにしました。

マクドナルドパネル

とくに、ジョブサポーターさん、受け入れ企業からの感想は、ほとんどが「障がいのある子は初めてだったけれど・・・」で始まるのですが、障がいのある子が地域に受け入れられていく様子が伝わり、なかなか感動です。お母さんの感想もですが、けっこうみなさん長く書いてくれていて、短くするのが本当に残念、もったいなかったです~。

9日の16時から1時間、浅野先生の講演と、ぷれジョブ を体験した子どもたちへのインタビューがありました。

浅野先生講演

パネル展 インタビューぷれジョブ を受け入れてくださった会社や事業所、藤沢市経済部担当の方、そしてジョブサポーターの方もたくさん来てくださり、ありがたかったです。

ぷれジョブ がもっと地域にひろがり、障がいのある子が地域の人たちに理解され、生きやすい社会になっていくきっかけになってくれたらいいですね。