株式会社FCCでのぷれジョブ報告

期間:平成25年2月から7月 6か月間全19回                                           事業所:株式会社FCC                                                           実施時間 毎週木曜日夕方                                                           ジョブプレイヤー:まほさん(養護学校3年生)                                            ジョブサポーター:のりこさん                                        仕事内容:領収書貼り、施工シールのカッティング、宛名ラベル貼り、封筒糊付け、シュレッダーなど

《 FCC代表 深澤さんの感想》

まほちゃんが会社に来る時はニコニコ笑って大きな声で「こんにちは!」と言って入って来ます。会社にもう一つ花が咲く瞬間です。

とても明るくて元気でFCC社員からのアイドルでした。仕事も1時間真面目に言われたことを忠実にやっていました。

1週間に1度会えなくなった今、寂しい気持ちでいます。卒業してどちらに行かれても、元気で明るいまほちゃんのままでいてください。

《  FCC社員の感想 》

・仕事は、一生懸命に行ってくれていまして、1時間の中で指示通り正確に行ってくれました。元気があって明るくて、可愛らしく社内の雰囲気も明るくなります。今回、終わってしまったのは残念です。期間中、ありがとうございました。

・まほちゃんはいつも笑顔で大きな声で挨拶をしてくれて、明るいなというのが第一印象です。
仕事もテキパキと行ってくれ、分からないところなどはしっかり質問をしてくれるので安心して仕事を任せられました。貼り付け作業では、丁寧に貼る事やまがらないように貼る事に気をつけていたりと、自分の中で注意点をしっかり見つけながら仕事をしていたのが印象的でした。任せた仕事は、しっかり丁寧に行ってくれるので頼もしかったです。

・毎日元気に笑顔できれくれて、元気をもらえました。
また、どんな仕事も楽しいと言って作業してくれたので、とても頼もしかったです。短い間でしたが大変助かりました。ありがとうございました。

《 ジョブサポーターの感想》

私は、障がいのあるお子さんと長期にわたって接するのは、初めてのことでした。どんな風に関わっていけばいいのか、どこまでできるのか想像できずに少し不安でしたが、まほちゃんに会って、心配は一掃されました。とても元気な可愛らしい女子高生で、はっきりした声で、元気に挨拶してくれました。まほちゃんも、最初は少し緊張していたかと思います。

事務所なので、他の社員の方達が静かに仕事をしている中で、領収書をノートに貼る作業を黙々とやっていました。まほちゃんは、とても几帳面に丁寧に仕事をこなします。他にもシュレッターをかけたり、封筒に宛名のシールを貼ったり、スッテカーをハサミで切ったりという仕事をしました。雰囲気に慣れてくると、社員の方が出入りをするごとに、「いってらっしゃい」「お帰りなさい」と一緒に挨拶をしていました。屈託のないまほちゃんの声で、みんなが明るくなります。

最初のうちは、サポーターとして何かしなければならない、まほちゃんの言いたいことは何か汲み取ってあげなければと、「次はこれで」とか、「もっとこうしたら」とか、言わずにいられませんでした。ジョブサポーターというものがどういうものなのか、定例会でその意味を説明される毎に、他のサポーターさんの報告を聞く毎に、どうすべきなのか考えさせられました。まほちゃんは、少し時間がかかってもちゃんとできるし、困ったことがあれば、自分から聞いてくれる。回を重ねるごとに、待って見守ればいいのだと思いました。そのあとは、ほとんど何もすることなく、隣にすわっているだけでした。

ジョブサポーターとしてできたかどうかわかりませんが、まほちゃんと知り合うことができて良かったと思います。いろんな個性のお子さんがいて、でも普通に接すればいいということ。帰り道の少しの間、学校の事や、好きな歌手のことを話してくれる、楽しい時間も過ごすことができました。これからは、同じ地域なので、どこかですれ違うことを楽しみに待つことにします。