• Satoko Utsumi

7月7日 レッスン初日の様子

7月7日、ドリプロスクール、開校しました。


でも特に、開校式があったわけではありません。


もう少しスクール生が増えたら、顔合わせイベントをやりましょう。


7日は、かなりの暑さ。アリーナは冷房がないので、急きょ冷房の効く多目的ホールで行いました。


1時間目「英会話」の最初のゲームは、「英語で挨拶」。参加した人たちが自由に動いて、会った人と挨拶をかわします。


「I’m Masashi。How are you?(ぼくはまさしです。元気ですか)」


「My nameis Atsuko.(私の名前はあつこです)」


他にはどんなことを話したのかな?


レッスンアシスタントの宮ちゃんがまわって、声かけしたり、フォローしたりしてくれます。


宮ちゃんは、障がいのある子のお母さんです。





2時間目は「コミュニケーション」

なぜか受ける「小噺」、「ジェスチャー」そして、CM制作に向けての練習は、まず思い切り笑顔になること。


いい笑顔になってるのは誰かな?


3時間目「美術」は、「ペットボトル風鈴」をつくりました。


佐々木先生がペットボトルを半分にカットし、ひもを通し、風をうける短冊をつけてくれるところまで準備してくださいました。


子どもたちは、シールやテープを工夫して貼り、短冊に絵や言葉を書き込みました。


貼りたいシールが無くなった子は、向かいの子に「もらってもいい?」と聞く場面も。


「どうぞ」「ありがとう」という会話が生まれるのもいいですね。


出来上がった作品を手に、「ぼくのが(わたしのが)一番かっこいいでしょ!」

みんなの満足げな笑顔で、無事、レッスン初日を終えました。

© NPO法人 ドリームエナジープロジェクト