Chalkboard Drawings

学びと成長の可能性を創造する場

 

私たちについて

NPO法人
ドリームエナジープロジェクト

特別顧問

浅野史郎

宮城県仙台市出身。
東京大学法学部卒業後厚生省を 経て北海道庁福祉課長。その後厚生省障害福祉課長。「障害福祉の仕事はライフワーク」と思い定める。

1993年から2005年まで宮城県知事を3期12年務める。社団法人日本フィランソロピー協会会長。慶応義塾大学総合政策学部教授(2006年4月~2013年3月)として教鞭をとるが、在職中の2009年5月にATL(成人T細胞白血病)を発症し、造血幹細胞移植を受ける。2011年5月に復帰。慶應義塾大学を定年退職後、2013年4月から神奈川大学教授。テレビにコメンテイターとして出演。

◆コメント

私は知事時代「障がい」と「社会」の壁を壊そうとしてきました。

今、社会が「障がい」を受け入れる法律もつくられるようになってきました。

障がいがあっても伸びる可能性があることを信じて、社会参加をしてほしい。

その一端を担うドリームエナジープロジェクトを応援します。

副理事長
内海邦一 うつみくにかず

上智大学外国語学部卒
学習塾講師、放送作家

知的障がい児のプロダクションでは「お笑い」などのレッスンを担当した。

  • 著書「活脳メガドリル200」「活脳メガドリル300」(土屋書店)

  • 編著「子育て手記 障がいだってスペシャル」(雲母書房)

  • 「天才てれびくん」「サンデーモーニング」「マジカル頭脳パワー!!」「クイズ$ミリオネア」などの番組を担当。

理事長 内海智子

早稲田大学教育学部卒

国語科教師、フリーライター

大学卒業後、教職を経て業界新聞社勤務。結婚を機にフリーライター。文化施設のプランニングなど。
ダウン症の長男の育児中、不安で一杯のなか、映画「八日目」と出会う。主演のダウン症の俳優がカンヌ映画祭で主演男優賞を取ったというニュースに、カルチャーショックを受ける。
ダウン症だから・・・とあきらめてはいけない、可能性は必ずあると勇気を得て育児に臨む。
障がい児と健常児とプロが同じ舞台に上がるミュージカルグループ「ホットジェネレーション」神奈川校を立ち上げる。また、知的障がい児の芸能プロダクションの立ち上げ、運営に3年間関わる。
早稲田大学体育会剣道部OG。剣道三段。剣道大好き人間。年中無休の酒飲み。
モットーは「酒中に真あり」

「ダウン症のある青年ジュンゴの素顔」

理事

  • 浅野史郎 大高禎夫 澁井晴子 沼上純子

監事

  • 柴野豪男 

​団体概要・定款

所轄庁

神奈川県

主たる事務所の所在地

神奈川県藤沢市本藤沢5丁目5番B~302号

代表者氏名

内海 智子

設立認証年月日

2015年03月23日

定款に記載された目的

この法人は、知的・発達障がい児者を中心とした一般市民に対して、これら障がい者の社会参加を促進し、かつ障がい者への理解を深める事業を行い、障がいのあるなしを超えて、共に生きる社会を実現し、もって社会全体の利益の増進に寄与することを目的とする。

活動分野

保健・医療・福祉/社会教育/学術・文化・芸術・スポーツ/子どもの健全育成

法人番号

8021005010248

行政入力情報

閲覧書類等

クリックしてダウンロード

※事業報告書の欄に、活動計算書等が一括して掲載されている場合があります。

2019年度事業報告書等(PDF形式)

2018年度事業報告書等(PDF形式)

2017年度事業報告書等(PDF形式)

閲覧書類

内閣府NPO法人ポータルサイト

同情報は、内閣府NPO法人ポータルサイトにも掲載されています。

講演活動

最近の講演をご紹介いたします

Image by Kelly Sikkema

つながりのある企業・団体

私たちを応援してくださる、企業・団体をご紹介いたします。

© NPO法人 ドリームエナジープロジェクト