4月レッスン予定

4月レッスン予定です。作品展を開催する関係上、変則になります。会場はすべてJXです。 12日は土曜日になりますので、お間違いなく。

12日(土):

  • 13:00 社会スキル 内海先生
  • 14:00 ダンス
  • 15:00 ダンス (関井先生 Ayako 先生)

20日(日):

  • 13:00 表現 高森先生
  • 14:00 英会話 岡先生
  • 15:00 歌 増渕先生

27日(日):

  • 13:00 書道 佐藤先生   ※書道具を一式持参してください
  • 14:00 社会スキル 内海先生
  • 15:00 ダンス Ayako 先生

29日(火祝):

  • 13:00 コミュニケーション 内海先生
    14:00 美術 佐々木先生
  • 15:00 写真 林 先生
体験はどの時間でも受け付けています。
トライアル料金は、1レッスン半額割引1000円(1日限り)です。

香瑠鼓さんダンスワークショップ

ドリプロ スクールのダンスレッスンは、振付家の香瑠鼓(かおるこ)さんが考案した「ネイチャーバイブレーションメソッド」を取り入れています。

香瑠鼓さんといえば、Winkの「淋しい熱帯魚」、新垣結衣の「ポッキー」、慎吾ママの「おはロック」の振り付けが有名ですが、最近ではダイワハウスのCM「ベトナムにも」編、「湘南にも」編等、水原希子の資生堂マキアージュ「Hot Stuff ダンスver.」のCMなどなど、挙げればきりがないほど数多くの話題の作品を手掛けています。

売れっ子振付家の顔とは別に、香瑠鼓さんは20年近く「バリアフリーワークショップ」というクラスで、障がいのある子たちにダンスを教えています。

彼らにダンスを教えるなかで考案した「ネイチャーバイブレーションメソッド」、生まれた経緯や細かい理論は割愛しますが、脳と心と身体を解放する、このメソッドに私はとても可能性を感じます。

障がいのある子は、速い動きが出来なかったり、振り付けを覚えられなかったりしますが、このメソッドを学ぶなかで、自由に身体を動かし、独自の表現が出来るようになっていくと確信しています。

このメソッドをもっと詳しく知りたいと思い、1月~3月に戸塚にある男女共同参画センター横浜(フォーラム)で開催された、香瑠鼓さんのワークショップに参加しました。

ダンス初心者、経験者を含む女性20人ほどが集まり、5回のワークショップを行い、最後はホールの舞台上公開ワークショップで〆です。

ダンスなんてやりたいと思ったこともないし、向いていないし、せいぜい盆踊りくらいしか踊った経験のない私。ともかく「子どもたちのため」という理由で参加したのですが、ワークショップをやっていくなかで、自分自身が踊ることが楽しくなり、不思議とすきっと元気になって、身体が軽くなっていく感じがしました! これには自分自身オドロキでした。

20140215 戸塚 ワークショップ

実際、自分が体験してみて思ったことは、このメソッドはとても奥が深くて、障がいのある子たちだけでなく、私たち現代に生きるすべての人向けであるということ。

例えば、「エアー」というメソッドでは、数人のグループでひとりがある動きをすると、それに呼応して、別の人が動くのですが、ルールもパターンもありません。相手の動きを受け取り、それを自由に解釈して自分の動きとして発信する。短い言葉を発したり、個性的な動きであるほど、見ていて楽しいのです。ポイントは、ひとりひとりが対応しているだけでなく、常にグループ全体を意識して、グループとして何を表現するのかを大事にすること。

こうした感覚を磨くことって、コミュニケーションがとれない現代人にこそ、必要なんじゃないかと・・・。言葉だけでは、うまく表現できないのが残念ですが、随所に奥深さを感じさせるところがちりばめられていて、非常に興味深かったです。

コムズカシイ話はともかくとして、香瑠鼓さんやスタッフの方たちの指導のもと、身体をほぐし、リラックスしていくうちに、どんどん細胞が活性化していく感じがしました。

2月8日、あの大雪の日も実はワークショップがあり、帰り道、途中で電車が止まり、夕方5時から2時間、猛吹雪のなかを歩いて帰ったのですが・・・。ワークショップで細胞が活性化したせいか、それほど疲れも感じず、一面の雪景色にひたすら感動して(!?)歩いてました。

5回のワークショップはあっという間に過ぎ、3月8日には舞台での公開ワークショップ。

自分の踊る姿は見たくはないけれど、ともかく楽しかった!

20140308 舞台写真 全員

 

 

 

 


インクルージョンライブ in YOKOHAMA 開催しました

3月1日、ライブハウス「横浜BBストリート」で、インクルージョンライブ ~ドリカジライブ~ in YOKOHAMA が開催されました。

今回で4回目になるドリカジライブ、初めてチラシを作りました!
知り合いに頼んだのですが、こんなにスマートで、かっこいいチラシをつくってくれました。
今回は4人が出演、5部構成。 これまでで最高の盛り上がりでした!
1部は隼吾の歌。秋川雅史さんに成りきって歌う歌は、音程はちょっと外れていますが、気持ちだけはこもってます。
IMG_0779
2部はダウン症の麻由さんの、ピアノ(キーボード)演奏。その優しく柔らかい音色に癒されました。なかでも、麻由さんが通っている国立音楽院の先生に編曲してもらったという「千の風になって」は難しい楽譜だったと思いますが、見事な演奏でした。
IMG_0820
3部は、ダウン症のお兄さんがいる、洗足学園音楽大学ミュージカルコースに通う唯さんの歌。隼吾がいたミュージカルグループで小さいころいっしょに舞台に出た仲です。爽やかな歌声のディズニーメドレーで、観客のなかにはいっしょに歌いだす子もいました。
IMG_0862
そして4部は大多和正樹さんの和太鼓の演奏。その澄んだ響きと、観る人が「本当に一人なのかと何度もステージを覗いてしまった」というほどのパフォーマンスに、目が離せませんでした。
IMG_0939
また、大多和さんからは後日「止まらない涙をなんとか抑えステージに立たせていただきました。真っ直ぐに飛び込んでくるありのままの心(と感じました)…打たれない訳がありません!・・・」とメッセージをいただき、それもまた嬉しく、ありがたかったです。
5部としてライブの〆は、空きペットボトルのなかにビーズを入れた手作りマラカスをお客さんに配り、「風になりたい」を会場にいる全員で歌い、鳴らし、踊りました!
隼吾の弟(高校時代、軽音楽部)も、盛り上げ役として登場!
IMG_0955
会場全体が一体となって盛り上がり、シビレるほど素晴らしい時間でした。
終わったあと、出演関係者で撮った写真です。
IMG_0475