ぷれジョブ藤沢-Café KO-BAでのぷれジョブ報告

期間:10月28日~4月28日(全24回)                                           事業所:Café KO-BA(小田急線長後駅から徒歩5分)                                日程:毎週日曜日9:30~10:30                                                      ジョブプレイヤー:としきくん                                                      ジョブサポーター:えりなさん                                                        仕事内容:テラス席の掃き掃除、テラス席の机・椅子拭き、クッションを並べる、チラシ等を並べる

prejob2

 

《Café KO-BAの方々の感想》

  • 真面目に黙々と仕事をしている姿を見て「すごいなぁ。えらいなぁ。」と思った。
  • 仕事がだんだんと早くなっていったのが印象的だった。
  • もう少しおしゃべりをしてくれたら良かったけれど、笑顔が見られるだけでも良かった。
  • 普段はあまり障害者の方と触れあう機会が無かったけれど、ぷれジョブの活動を通してこちらから歩み寄っていけば、分かりあえるということが分かり、勉強になった。
  • お店なので、お客さんがどう思うかということが大切で、お客さんにも認めてもらってお店の一部として働けるようになれば大成功だと思う。

 

《ジョブサポーターの感想》

今回、全体を通してとしきくんの成長が目に見えて分かるのが印象的でした。前の週には少し迷いながらやっていたことも次の週には迷うことなく、やっている姿を見ることができるので、私自身、毎週楽しみにして行かせて頂きました。2月に2週続けて私がお休みをいただき、他の方にジョブサポーターをやっていただいたことがあったのですが、お休みの前にはクッションを置く作業を少し迷いながらやっていたのですが、お休みのあとには迷うことなくクッションを置く姿を見て私が嬉しくなってしまいました。

また、ジョブサポーターとしてすべきことやあるべき姿が少しわかったような気がします。初めの1カ月ほどは、私が「次は○○だよ」など教えながら行っていました。というのもとしきくんがどのくらい仕事ができるのかが分からなかったというのもあり、全て言ってあげなければいけないのではという気持ちが大きかったのでそのようになっていました。しかし、何回か仕事をしていくうちに、私が何も言わなくても次の仕事に取り掛かっている姿を見て、私が何から何まで教えているのは無意味なことだったのだと気付かされました。最後の方は、私は特に何もすることがなく、ただただ見守っているという状態になりました。何から何までジョブサポーターが手伝ってあげるのではなく、慣れてきたら少し距離を置いてみるのも必要なのだと思いました。

prejob1

半年間、ジョブサポーターをやらせていただき、本当に良い経験ができ、私も少しは成長することができたのではないかと思います。毎週としきくんに会えていたのに会えなくなるのはとてもさみしいですが、次のぷれジョブでも素晴らしい働きぶりをしてくれると思うので、定例会での報告を楽しみにしたいと思います。

(えりなさんのレポートより)